2010年01月21日

<日本国際賞>岩崎・東北工業大理事長ら2氏が受賞(毎日新聞)

 国際科学技術財団(吉川弘之理事長)は15日、画期的な成果で社会に貢献した研究者を顕彰する今年の日本国際賞を、岩崎俊一・東北工業大理事長(83)とピーター・ビトーセク米スタンフォード大教授(60)に授与すると発表した。授賞式は4月21日、東京で開かれ、両氏に各5000万円が贈られる。【西川拓】

 岩崎氏は、パソコンなどの記録装置に使われるハードディスクの容量を飛躍的に高める「垂直磁気記録方式」を77年、世界に先駆けて提唱。開発も手がけた。現在の情報化社会を築いた基盤技術と評価された。

 ビトーセク氏は、化石燃料の燃焼や肥料など人間による窒素の供給が、他の元素の地球規模の循環に影響し、河川や海の汚染、土壌や地下水の酸性化などを招いていることを明らかにした。

 両氏は15日、東京都内で会見した。

 岩崎氏は「自分の発明が、製品として多くの人の生活を支えていることは、研究者冥利と言える喜びだ」、またビトーセク氏は「人類が、どれほど地球にのしかかっているかを明らかにしてきたこの分野の研究者全員への栄誉だ」と喜びを語った。

<火炎瓶騒ぎ>小沢氏宅近くの路上 男を逮捕(毎日新聞)
有料老人ホーム、389か所が依然無届け(読売新聞)
官僚答弁禁止法案を補正成立後に提出 民主が確認(産経新聞)
日韓外相が会談へ=北朝鮮核問題など協議(時事通信)
<平沼元経産相>新党結成の方針「参院選前に」(毎日新聞)
posted by ナマデスガ at 22:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。