2010年01月23日

日本政府の医療チーム、ハイチの被災地到着(読売新聞)

 【レオガン(ハイチ南部)=浜砂雅一】ハイチ地震の被災者支援のため、日本政府が派遣した国際緊急援助隊の医療チームが17日夕(日本時間18日朝)、首都ポルトープランスの西約40キロにあるレオガンに到着した。

 医療チームは医師4人、看護師7人、薬剤師、診療放射線技師各1人など計26人。看護学校の敷地内にテントを設営し、18日午前にも医療活動を始める。少なくとも27日まで活動する。同校の正面広場には自宅を失った多数の被災者が野外生活を強いられており、援助隊への期待が高まっている。

 レオガンは人口約10万人。首都に比べて支援活動の遅れが指摘され、日本、ハイチ両政府などの調整で援助隊の活動地に選ばれた。

<衆院予算委>午後に党首対決 谷垣総裁「政治とカネ」追及(毎日新聞)
鳩山首相「小沢幹事長を信じております」(産経新聞)
「普天間」争点に一騎打ちへ=沖縄・名護市長選、17日告示(時事通信)
ターミナルレーダーに障害=発着便に影響−羽田空港(時事通信)
雑記帳 IRISのロケ地・横手のかまくら、ソウルに出現(毎日新聞)
posted by ナマデスガ at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。